【重要】消費税増税に伴う送料変更のご案内

1977年、京都・伏見にて、「お好み焼 どんぐり」を創業してから40年。
食材や調理法にこだわり続け、現在では京都市内に9店舗を構え営業しております。



京風お好み焼き 京都どんぐりからお知らせ


どんぐりのお好み焼きが雑誌で取り上げられました。

こんなに沢山取り上げていただいています!

京風お好み焼き 京都どんぐりの味のルーツ

1977年、京都の伏見に産声を上げ、今日まで食材や調理法にこだわって商品づくりに精を出して来ました。
京都で飲食店を営んでいるのだから、用いる素材は極力京都産のものを使用したいと考えております。

お好み焼の生地に使う小麦粉は京都の製粉会社より取り寄せておりますし、京生麩をアレンジした鉄板焼や京水菜を使ったサラダ、はたまた観光都市京都のお土産物として有名な八つ橋を用いたデザート。そして昨今、全国的にも知名度が上がった祇園辻利さんの抹茶を使った酎ハイやジュースなどは大変、好評をいただいております。

またお茶漬けやご飯炒めに使用しております京壬生菜漬は京都の市場内のお漬物屋さんに無理を言って、毎日運んでもらっています。

そして京野菜の代名詞として名高い「九条ねぎ」を用いたねぎ焼きや鉄板焼きは商品数も多く、大量販売の実績がございますので、契約農家より毎朝収穫したての新鮮な状態で直接仕入れさせていただいております。

これからも商いに妥協を許す事なく、こだわって、こだわってこだわり続けて、より良い商品サービスを追及し、邁進していく所存でございます。